体を「冷やす食べもの」と「温める食べもの」はバランスよく!

こんにちは!初夏の季節となりました。新緑や風が清々しいですね。
過ごしやすいとはいえ、季節の変わり目、くれぐれも体調の変化に気をつけてお過ごしください。

「体を冷やす」食べ物

コーヒー、カレー、バナナ、ヨーグルト。これに共通すること分かりますか?
答えはすべて「体を冷やす」食べ物です。南国生まれの食べ物は体を冷やすものが多いです。
また、お通じが良くなるものが多いような気がしませんか?お腹が冷えることで便意が解消されるメリットもあります。

では、冷え性の人は、冷やす食べものは食べることはできないのか?答えはNOです!
「冷やす」「温める」のバランスが大事なのです。

体を冷やす食べ物カレーライスイメージ

日本でカレーを食べる場合、体を温める牛肉やニンジン、ジャガイモを入れるのはバランスを取るためにとても理にかなっている具材だからなのです。

しょうが、かつお節、ネギ、もみじおろしなどの薬味は温める食べ物なので、体を冷やす豆腐やなす、豚肉、みそ汁などに添えるとバランスが良くなりますよ!

img52
食生活でお悩みの方へ

らくらくファーマシーでは、季節に負けない身体作りをサポートしています。症状や体質に合わせて対策とお薬をご提案します。店頭にお越しいただくか、LINEでご相談ください。

関連記事

  1. 干し椎茸

    「黒い食べもの」で骨を元気に!

  2. 花粉症対策はお早めに「不摂生はいけません!」

  3. 朝ごはんは「身体のスイッチ」をONにします

  4. 夏の日差しイメージ

    汗の出にくい冷え体質の方は「冷えてる熱中症」に注意!!

  5. 痒くないけど本当は蚊に刺されている?

  6. 体を冷やす食べもの、温める食べものについて

PAGE TOP