筋力低下【サルコペニア】予防に「宝脚」がお手伝い!

最近よくつまづいたり、立ち上がる時に手をついたりするようになっていませんか?
また、立ち上がったり歩いたりすることが億劫になっていたりしませんか?
ときには横断歩道が信号が変わる前に渡れなかったりしていませんか?

もしかしたらそれはサルコペニアかもしれません。
サルコペニアとは加齢により筋肉量が減って筋力が低下する老化現象のことをいい、日常の動作に支障が出てきます。

具体的にいうと握力が男性が26キロ未満、女性が18キロ未満になる、もしくは歩く速度が1秒あたり0.8メートル以下になるとサルコペニアと診断されます。

サルコペニアは加齢に伴って増加し、多くの方は70歳をこえた頃から自覚症状を認めるようになります。

サルコペニアを予防する上で欠かせないことは、ただ1つ筋肉を減らさないことです。
そのために必要なことは2つ、【適度な運動】と【正しい食生活】です。

まず運動は筋肉に負荷をかける運動(レジスタンス運動)を行いましょう。
ストレッチや筋肉トレーニング、バランス練習、持久力トレーニングを週5回程度行ってください。
また、地域でサルコペニア予防のための体操教室などが行われていることがあります。

食事からは、たんぱく質の補給が必要となり、動物性のたんぱく質の方が有用とされています。
ただ、食の細い方がたくさんの動物性タンパク質を摂取するのはなかなか大変。。

そこで「宝脚(ほうきゃく)」がそれをお手伝い!
たんぱく質の構成アミノ酸の1つのロイシンから産生されるHMBが、筋肉の合成促進と分解抑制を刺激するのですが、宝脚の主成分であるHMBカルシウムはその機能を有しております
なので「運動+宝脚」で筋肉維持を行うことができるのです!

日頃から運動はしているけれども、筋肉低下を感じている方は是非お試しください!

湧永製薬「宝脚」8400円(税込30日分)

関連記事

  1. 気が滞(とどこお)る「気滞証」

  2. 食べてないのに太る?

  3. 「秋のシミ」〜夏の疲れは秋に出ます〜

  4. 梅雨の時期は「湿邪」に注意!

PAGE TOP