朝ごはんは「身体のスイッチ」をONにします

更新日 2022年11月8日

朝ごはん食べていますか?朝はごはんが喉を通らない人もいますよね。
朝ごはんを食べられない人は「脾虚」(ひきょ=胃腸が弱い人)の可能性があります。
(「ひよわい」という言葉は「脾虚い」から来てるそうです)

朝ごはんは、寝ていた時に冷えた体を温めて身体のスイッチを入れるためにあります。
時間がなかったり、どうしても食べられない時はスープやみそ汁だけでも構いません。体を温めてスイッチを入れることが大事です!

朝にお粥という方もいると思います。お粥は消化が良さそうですが、お粥もしっかり唾液が混ざらないとうまく消化できません。朝は口の中が乾いている感じがする方は、唾液が少ないかもしれません。お粥には梅干しを添えて食べることをおすすめします。

お食事など生活習慣などについても、お気軽にご相談ください。体質に合わせたサプリメントなどもご案内させていただきます。
また、LINEのトークでの健康相談にも応じておりますので、ぜひLINEのお友達登録をお願いします!

関連記事

  1. 干し椎茸

    「黒い食べもの」で骨を元気に!

  2. 脾を元気にして「垂れない」重力に逆らうパワーを保とう!

  3. 人の身体に必要な水分量は人それぞれ「水草体質」「サボテン体質…

  4. 食欲の秋!胃熱に注意!

  5. もちは「モチモチ」、食べ過ぎ注意!

  6. 春野菜イメージ

    春は肝の負担が増える季節です

PAGE TOP