「秋のシミ」〜夏の疲れは秋に出ます〜

「皮膚は内臓の鏡」と言われてます。皮膚の肌つやや顔色は流れている血液によって左右されるのです。
生理前後でニキビや肌荒れが起こりやすくないですか?肌の潤い不足も血の不足から起こっている場合も多いそうです。

漢方では「疲れの元」と言われる肝臓

また肝臓は、漢方では「疲れの元」とされており、肝臓が弱い人ほど疲れが取れにくくなります。
「肝は蔵血する」とも言われ、食べ物から新しい血液を作るのも肝臓の働きになります。

シミのことを漢字で「肝斑(かんぱん)」と書きます。実はこれは肝臓と関係があるからなのです。

シミやくすみをなくしていくためには、それが出来ている皮膚を直接治療するだけではなく、肝臓を強くして、きれいで新鮮な血を増やし、皮膚に十分な血液を流してあげることが最も大切なのです!
季節が変わり突然シミやくすみが顔に現れた時は、まず自分の体調を気にしてみてくださいね!

肝臓のために食生活を見直しましょう

肝臓のためにいい食べ物

かぼちゃ、人参、ほうれん草、パプリカなど「緑黄色野菜」を加熱したものがおすすめです!

肝臓のためには避けたい食べ物

揚げものやジャンクフードは良くないです。アイスクリーム・ビールなど冷たいものも控えめに!

疲れが取れないなど、少しでも身体の不調を感じる方は、お気軽に ご相談ください。また、LINEのトークでの健康相談にも応じておりますので、ぜひLINEのお友達登録をお願いします!

関連記事

  1. 「だるい」は夏バテ・残暑バテのサイン!自律神経を整えましょう…

  2. 気が滞(とどこお)る「気滞証」

  3. 筋力低下【サルコペニア】予防に「宝脚」がお手伝い!

  4. 食べてないのに太る?

  5. 梅雨の時期は「湿邪」に注意!

PAGE TOP