気が滞(とどこお)る「気滞証」

更新日 2022年7月2日

ストレスや運動不足により、体中を巡るはずの気(=エネルギー)が滞っている状態です。患部が張った状態に感じになるのが特徴です。
誰でもちょっとした緊張やイライラで気が滞りますが、それが恒常的になっているのが特徴です。

してほしいこと
・まず「運動」です!自分の好きなことで体を動かしてください
・日々のスケジュールはゆったりと
・自分の好きな香りを嗅ぎましょう
・おしゃべりや歌をうたうことは疲れを取ります。深呼吸も有効です

おすすめ食べもの
・香辛料や薄荷などスーッとするものを積極的に 自分の好きな香りのものがおすすめ
・緑黄色野菜を中心に
・酢の物を1日1回は摂りましょう

避けたい食べもの
・油たっぷりのものや乳製品は控えめに
・甘いものもほどほどに
・炭酸飲料はスッキリしますが、甘くないものを

関連記事

  1. 脾を元気にして「垂れない」重力に逆らうパワーを保とう!

  2. 筋力低下【サルコペニア】予防に「宝脚」がお手伝い!

  3. 梅雨の時期は「湿邪」に注意!

  4. 花粉症対策はお早めに「不摂生はいけません!」

  5. 春野菜イメージ

    春は肝の負担が増える季節です

  6. 食欲の秋!胃熱に注意!

PAGE TOP